人は、ひとりひとりの感性で身にまとう、身につけるものが異なり個性が生まれます。
PURONG PUTII のボタンは個性を輝かせるための特別な存在になりたい。
貴女が身に付けたとき、貴女をより一層あなたらしく、毎日が心地よく、楽しく素敵に輝いて欲しい...
そんな想いを込めたブランドです。

PURONG PUTII のボタン

  • イメージ写真-1
  • イメージ写真-2
  • イメージ写真-3
  • イメージ写真-4
  • 商品写真
  • イメージ写真-6
  • イメージ写真-7
  • イメージ写真-8
  • イメージ写真-9

News

About us

背景 背景

一緒に時を刻むボタンになりたい

私たちは、最先端のファッショントレンドブックを基に、海外 / 国内のマーケットリサーチ、パリの PREMIÈRE VISION 視察、ミラノの MODAMONT 展への出展、各国のボタン屋さん、アンティークショップや蚤の市などへも足を運び、様々な角度からファッション傾向を分析し、ボタンのPLANNING & DESIGN を行っております。
私たちが作るボタンは全てオリジナルで多品種に渡り自社にて製作しています。

MORE

メタルボタンはデザイン画に忠実に、まるでジュエリーの様にひとつひとつ熟練された職人の手によって丁寧に原型を創っています。

ポリエスターレジンは、着色した液状ポリエステル樹脂を複雑な柄組工程を経て、天然の貝や木、水牛の角やべっ甲、石や植物に似せたマテリアルに作りあげます。
たとえば、繊細な輝きを放つ貝の光沢感や、年月を積み重ねた木の年輪やぬくもり、水牛の角の重厚感、石の無機質な冷たさなど、色、柄、質感を忠実に再現しております。
また、天然の貝や水牛の角、骨、木、革、石などの素材を使ったボタンや繊細な細工を施したボタンは、フィリピンのセブ島にて厳選された素材を調達し、セブ島の自社ファクトリーにて加工、繊細な細工は手作業で編む、包む、縫う、塗る、貼る、削るをおこなっています。

小さなボタン、1 つ 1 つにたくさんの想いを込めて丁寧に製作しています。
洋服の留め具としてはもちろんですが、アクセサリーや装身具のひとつとしてあなたの毎日をやさしく飾る、一緒に時を刻むボタンになりたいと願っています。